情報管理|補償・鑑定・測量・用地折衝などで確かな実績|NISSO

情報管理
トップ /

情報管理:弊社の取り組み

弊社の取組み

取組姿勢

弊社は個人情報の管理、漏えい防止については経営上の最重要課題としてとらえ、全社をあげて、日々その改善に取り組んでおります。
以下にその一端をご紹介します。

管理規程の整備

社内的に、個人情報・機密情報取扱い関連規定を整備し、適用・運営しております。

規程体系
  • 就業規則
  • 個人情報等セキュリティ実施基準
  • 個人情報等漏洩等事故対応細則
  • 個人情報苦情等対応細則
  • 機密情報保護規程
  • 機密保持誓約書

社内管理体制

責任の明確化

代表取締役社長を、社内の最高責任者と位置づけており、その権限と責任を明確にしております。

対策委員会の設置

社内には対策委員会を設置しており、問題発生時には、起業者様等への報告、迅速な対応、本人の処分など機動的、組織的な対応ができる体制を構築しております。

監査委員会の設置

個人情報、機密情報の管理が適切に行われているかについては、監査委員会により、定期及び抜き打ちで監査を行い、問題点の洗い出しを行い、発生防止に努めます。

以上の社内管理体制を通じ、その実効性を確保しております。

セキュリティー体制

  • 事務所の入退出

    ダブル施錠により、社員以外の入室を制限しております。
     
     

    補償
  • 重要書類の持ち運び

    成果品、個人情報関係書類を持っての移動については、鍵付きバッグにて行っております。

    鑑定
  • 書類の保管場所

    退出時に個人情報の記載のあるはすべて、鍵付きのロッカーに収納いたします。
     

    測量

 

  • 書類の処分

    不要になった書類はすべてシュレッター処分もしくは専門業者への溶解処分を義務づけております。

    補償
  • セキュリティー対策

    外部からのウィルスなどの侵入対策については、専用ソフトの使用と専門会社への委託をしております。

  •  

 

情報管理の意識付け

問題防止の最大の対策は、各個人の情報漏えいに対する意識付けにあるとの認識から、教育、研修、意識付けを様々な機会をとらえて、実践しております。

誓約書

入社時及び年1回の更新時にその重要性を説明するとともに、漏えい防止の誓約書に全社員が署名します。

社内研修

機密情報漏えい事件など実例をもとに、その影響の大きさなどの認識を深めるための研修を定期的に行っています。

社外研修

総務部門、幹部社員については、同様の外部研修を通じ、意識付けを強化しています。

社員心得の掲示

情報管理にあたっての心構えをわかりやすく記載した標語を見やすい場所に掲示しております。

PAGE TOP