移転コンサルタント・補償コンサルタントとは|補償・鑑定・測量・用地折衝などで確かな実績|NISSO

採用情報
トップ /

採用情報

/ 移転支援・補償コンサルタントとは

移転支援・補償コンサルタントとは

弊社の役割について

弊社の役割についてまちづくり(インフラ整備)の公共事業と一口に言っても、道路事業、密集市街地事業、再開発事業、土地区画整理事業など様々な手法があります。
まちづくりの公共事業を進めるにあたっては、多くの場合、地権者の方々の”移転”という問題に直面します。わかりやすい例でいえば、消防車が入りやすく避難しやすい広い道路を整備することは、防災に強い街づくりには不可欠になります。
しかし、新設や拡幅する道路上に建物があれば、建直しの必要がでてきます。公共事業を原因とし、税金を使って建直ししていただくのですから、まず公正な補償金を算定することが必要です。続いて、その補償金でどうしたら建直しができるのか、その道筋をつけることが求められます。
事業を円滑に進めることを「事業推進」、移転される方々が無理なく移転できることを「生活再建」と言います。公共事業を推進する役所の方に「事業推進」を、実際に移転を余儀なくされる方々に「生活再建」をサポートすることが弊社の仕事なのです。移転があって、初めて事業が進捗し、完成につながるわけです。弊社は事業を進める上で、とても重要な役割を担っていると言ってよいでしょう。

PAGE TOP

移転支援コンサルタントとは

補償金を、移転される対象の方に提示し、移転の同意を得ます。
そのために、移転先、資金、税金、登記など、移転に伴う様々な問題を解決し、移転がスムーズに実現できるよう、移転対象者の方をサポートする業務です。

具体的な仕事内容
  • 地権者の方々に、事業内容や意義、スケジュールを説明します。

    その際、要望やお悩みをヒアリングします。

  • 補償内容の説明をします。

    補償内容の説明と同時に、移転していただくにあたって、何が問題になるのかを具体的に把握します。

  • 納得いただける生活再建案をご提示します。

    移転に伴う課題やお悩みを解決できるよう きめ細やかな対応で、ご納得いただけるような企画案を提示し、移転に同意いただきます。

  • 移転が終わるまで徹底したフォローをします。

    移転に同意いただいた後も各種公共機関とのやりとりや、書類作成など幅広い業務に対応して、地権者の方々が安心して豊かな生活を送っていただけるようフォローしてゆきます。

PAGE TOP

補償コンサルタントとは

移転の対象となる建物の現状を現場調査してCADで図面化し、補償金を算定します。
ルールに基づいて、どんな補償の仕方が適正なのかを役所の方々に提案する業務です。

  • 対象となる建物の現場調査を行います。

    建物の間取りや仕上げを現地で細かく図面にします。
    外まわりの工作物や庭の樹木なども調査します。

  • 調査内容を図面化します。

    CADを使って、現場調査の結果を図面化します。

  • 役所の方と協議を行います。

    発注者に適正な補償方針の提案をし、協議して決定します。

  • 補償金を算定し、報告書を作成します。

    基準に基づいて補償金を算定し、報告書にまとめます。

PAGE TOP